リンパ掃流マッサージ ポキポキしない安全なカイロプラクティック(MET施術)で筋肉の動きを利用してズレた骨を元の位置にもどす施術。

2018年4月26日  ( 第 4回 )

毎日の体調は良いでしょうか? このブログは筋肉と骨の機能スムーズにして、
    内蔵の機能を活発にし体調をよくすることを述べてありま。

リンパ掃流マッサージには二つの大きな意味があります。一つは筋肉の筋膜の中、
筋肉層の間にリンパ液を流し込むこと、
ポキポキしない安全なカイロプラクティック(MET施術)
で筋肉の動きを利用してズレた骨を元の位置にもどすことです。



a0070_000071_m.jpg

4 :   後頭部
     頭に骨が差し込まれる部位から首の付け根までは、頸動脈が通っているので、
          注意して押しずらしもみほぐしていきます。

          首の付け根の部位と左右の肩の内側には施術箇所が何点かあります。

5: 鎖骨 ここは日常長時間一方向を向いているような場合、凝り固まっています。鎖骨の周りの
          筋肉を上に押し上げる感じでリンパ液を流し込みます。
          リンパ液を流し込むという手技は、骨を包む筋肉を緩めて間に細胞液が浸潤するようにする
          という感覚です。

6: 頭 全身を使います、頭は腕と上体側部で包み込んで抱え傾けひねり回す手技になります。
         重症の場合頭は傾かない、左右の回転もごくわずかな角度という状態になります。
         上体側部で包み込んで抱え傾けひねり回す手技を数回行うと多くの場合傾き、回転の自由が
         戻ります。 
   
7: 肩骨(鎖骨上部)ここは施術者が腕を抱える感じで、特殊な角度方向距離で、腕を上げて上げ下げ、ひねり回し
         を行う施術を行います。
         この角度方向距離の大きさは難しく習熟が必要です。この方法で慣れた施術者は脱臼せせることも
         簡単にできます。
          この整体は筋肉を緩めてその本来の引く力で骨の位置を本来的に修正するものです。
          これは一つの理論的裏付けとなることです。

8: 肩の筋肉 肩骨の周りには腕を動かす筋肉が付いています。
          これも先に説明したように、上腕を上体側部で包み込んで抱え傾けひねり回す手技に含まれる事項で
          同時に行われます。
 
*********** 整体師の目線から体と健康について考えたものです。 ***********



この記事へのコメント